PPAモデルの特徴

「PPAモデルの特徴」というテーマで、PPAモデルの仕組みやメンテナンス、契約期間などについてご紹介していきます。

◆目次◆
……………………………………………………

  1. PPAモデルの特徴
    • 電気料金
    • PPAモデルの仕組み
    • 設備設置・メンテナンス・契約期間
    • 再生可能エネルギー、非化石電源
  2. 終わりに
……………………………………………………

1.PPAモデルの特徴

電気料金

PPAモデルの特徴の一つとして電気料金の面では、PPAモデルによって自家消費された分の電気料金は、通常の電力会社と契約している料金プランより安くなっていることが多いです。また、一般的に電気の消費者が毎月支払う電気代の中には「再エネ賦課金(再生可能エネルギー賦課金)」というものが含まれています。

再エネ賦課金とは、再生可能エネルギーによって発電された電力の買い取りに要した費用で、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって、消費者が電気の使用料に応じて負担するようになっています。

始まった当初は月々60円程度の負担でしたが、年々増加していき2021年には870円ほどにまでなっています。年間にすると1万円を超えるため馬鹿になりません。さらに、これからも増え続けると予想されており、2030年には年間15000円を突破する見込みとなっています。

ですが、再エネ賦課金は発電した電気を自家消費すれば支払う必要はありません。つまりPPAモデルを導入すれば、環境にとって良いだけではなく電気代も安くすむということになるのです。

PPAモデルの仕組み

PPAモデルの仕組みで特徴的な点を2点挙げると、PPA事業者が発電を遠隔で監視するためのシステムが導入されることと、発電した電力系を測定するための電力量計(計量器)が設置されることです。

前者は簡単にいうとメンテナンスをしやすくするためです。PPA事業者にとって設備の故障などにより発電機会を損失してしまうことは、大きな痛手になります。そのためメンテナンスを気軽に常にできるように、そういった形をとっているのです。

そして後者ですが、オンサイトPPAモデルでは、自家消費量に応じて適切な電気料金の請求を行なうために、スマートメーターで取得した電力量データを測定する装置が必要ですので、そのために導入されています。

設備設置・メンテナンス・契約期間

基本的に設備設置費用はPPA事業者が負担します。また、メンテナンス費用も事業者負担となっています。このように初期費用や維持費用が大幅に安く抑えられるというのも、PPAモデルの最大の特徴にしてメリットといえるでしょう。

しかし、メンテナンスやその費用は負担しなくていい代わりに、電力使用者は設備変更を自由に行えないことや契約期間が終了した場合は、当然ですが電力使用者がメンテナンス費用を負担することになります。契約期間は事業者によってさまざまで、10年〜20年となっています。また、途中で解約する場合は違約金を支払う必要があります。

これらはデメリットですが、メリットの方がそれを補って余りあるほど大きいため、そこまで問題にはなりにくいでしょう。

再生可能エネルギー、非化石電源

石油・石炭・天然ガスやなどの化石燃料を使わず発電したCO2フリーの電源を使用するためで、再エネ(再生可能エネルギー)に貢献できます。

2.終わりに

今回は「PPAの特徴」というテーマでお話ししました。PPAの特徴やメリット・デメリットがおわかりいただけたでしょうか?皆様の新電力についての疑問が少しでも解消されれば幸いです。

アップライト新潟は甲信越・北陸・東北・北海道での電力コスト削減実績を多く持ち、雪の多い地域にマッチした御提案に自信があります!

【新電力】無料シミュレーション+PPAプランで導入費用ゼロの太陽光設置実施中!お気軽にご相談ください。

お申し込みはこちらから