太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期について

「太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期について」というテーマで、太陽光パネルとパワコンの寿命、一般的なメンテナンス時期についてご紹介していきます。

◆目次◆
……………………………………………………

  1. 太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期
    • 太陽光パネルやパワコンの寿命は?
    • 一般的なメンテナンス時期はいつごろ?
  2. PPAプランならメンテナンス費用も不要!
  3. 終わりに
……………………………………………………

1.太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期

太陽光発電を行うにはさまざまな機器が必要になります。太陽光発電はメンテナンスフリーと言われることもありますが、できるだけ長く使うためにはメンテナンスをするのがベターです。ですが、定期的なメンテナンスをしてもいずれは寿命を迎えますので、そのときには交換が必要になります。主要な機器である太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期はどのようになっているのかみてみましょう。

太陽光パネルやパワコンの寿命は?

太陽光発電協会(JPEA)によると、太陽光パネルの寿命は20年以上とされています。そして、パワコンの寿命はおおよそ10〜15年程度とされています。パワコンとはパワーコンディショナーの略で、電気を変換するために必要な機器です。太陽光発電パネルが発電した電気は、そのままだと「直流」の状態になっていますが、一般的にわたしたちが使っている電気は「交流」ですので、使える状態にするために変換する必要があるということです。

一般的なメンテナンス時期はいつごろ?

太陽光発電システムのメンテナンスは、経済産業省資源エネルギー庁によると4年に一度程度が妥当とされています。そのため、パワコンの寿命が最大の15年もったとしても、約4回はメンテナンスが必要となります。

2.PPAプランならメンテナンス費用も不要!

太陽光パネルやパワコンが寿命を迎え新品に交換すると、保証期間が新たに10年ほど延長になったり、電気の変換効率がアップするなどのメリットがあります。しかし新しいものに交換するとなると、気になるのが費用です。太陽光パネルの価格は広さでも大きく異なりますが、大体1枚あたり10〜15万円程度で、一般的な住宅でも10~20枚設置されますので、数百万は必要になります。

また、パワコンの交換は経済産業省によると20万円が目安とされていますが、一般的には30〜40万円ほどかかることが多くなっています。太陽光発電システムの寿命は長いというメリットがありますが、一度の交換費用が高くなってしまうのがデメリットとなります。また、寿命を迎える前に壊れてしまう可能性もありますので、急な出費も気にしなければなりません。

しかし、もしPPAモデルのプランで契約していたなら、メンテナンスの負担もありません。PPAプランなら太陽光パネルが無料で設置でき、初期費用だけでなくメンテナンス費用もかかりませんので、初期費用や使用期間中の費用を大幅に節約できます。かなりお得なプランになりますので、ぜひ検討されてみてください。

3.終わりに

今回は「太陽光パネルやパワコンの寿命、メンテナンス時期について」というテーマでお話ししました。PPAモデルが通常の設置よりもお得なプランだということがおわかりいただけたでしょうか。皆様の新電力についての疑問が少しでも解消されれば幸いです。

アップライト新潟は甲信越・北陸・東北・北海道での電力コスト削減実績を多く持ち、雪の多い地域にマッチした御提案に自信があります!

【新電力】無料シミュレーション+PPAプランで導入費用ゼロの太陽光設置実施中!お気軽にご相談ください。

お申し込みはこちらから