初期費用ゼロ!太陽光のPPAモデルの優位性

「初期費用ゼロ!太陽光のPPAモデルの優位性」というテーマで、太陽光のPPAモデルの優位性やほかの導入方法との比較についてご紹介していきます。

◆目次◆
……………………………………………………

  1. 太陽光のPPAモデルの優位性
  2. ほかの導入方法との比較
    • 自社購入(自家消費)の場合
    • リースの場合
    • 屋根貸しの場合
    • PPAモデルの場合
……………………………………………………

1.太陽光のPPAモデルの優位性

前回のメルマガでもお伝えしたとおり、太陽光発電の導入においては、PPAモデルだと初期費用がゼロで、メンテナンスは発電事業者側が行うため、スムーズに導入でき快適に利用できます。では、PPAモデルはほかの導入の方法と比べて本当にお得なのでしょうか。実際に比較をして、その優位性をみてみましょう。

2.ほかの導入方法との比較

太陽光パネルの導入方法は大きく分けて4つあります。設置する際にPPAモデルを導入した場合と、ほかの導入方法を利用した場合のメリット・デメリットを比較してみましょう。

自社購入(自家消費)の場合

自社で太陽光パネルを設置する場合、長期的に見ればもっとも投資回収効率が良いというメリットがあります。発電した電力を使って電気代をゼロにすることができ、さらに余った電力を電力会社に売って収益を得ることで、回収のペースが早くなるからです。

また、パネルの処分や交換などを自社でコントロールできるというメリットもあります。一方デメリットは、初期投資費用が高額になることや、総資産利益率(ROA)などの財務指標に影響すること、維持管理・メンテナンスの手間とコストがかかることが挙げられます。

リースの場合

リースで導入する場合は、自社で購入する場合に比べて費用を大きく削減することができます。また、場合によってはリース元が太陽光パネルのメンテナンスをしてくれる場合もあります。デメリットとしては、パネルを勝手に交換・処分ができない、長期的な契約が必要、発電がなくてもリース料を払う必要がある、リース資産として管理・計上する必要があることです。

屋根貸しの場合

太陽光パネルを設置するための屋根を貸すだけの「屋根貸し」の場合は、初期投資がかかりません。それどころか賃料収入によって一定の安定的な利益が見込めます。ただし、自由に交換・処分ができない、長期的な契約になる、屋根を貸しているだけなので環境経営とはいえない、賃料収入の金額メリットはあまり大きくないことなどが挙げられます。

PPAモデルの場合

PPAモデルの場合は、契約締結諸費用は別途必要になるものの、基本的に初期投資はゼロで設置できます。また、提携した機関が保守責任を負うためメンテナンスの必要がない、発電した分だけの電力購入になるため発電が少なくても安心、設備は資産計上されず、オフバランスで再エネ電気を調達可能と、メリットが多数あります。デメリットは自由に交換・処分ができない、長期的な契約になることでしょう。

このようにPPAモデルは、ほかの導入方法に比べてメリットが多くデメリットが少なめだといえます。新電力+PPAは初期費用をかけたくない工場の味方です!