どんな企業がより効果的? 電気代削減シミュレーションを活用しましょう!

「どんな企業がより効果的?」というテーマで、電気料金が安くなる可能性のある会社についてご紹介していきます。

◆目次◆
……………………………………………………

  1. 新電力の切り替えはどんな企業がより効果的?
    • 電気料金が安くなる可能性のある会社
  2. 電気料金が変わらない可能性のある会社
……………………………………………………

1.新電力の切り替えはどんな企業がより効果的?

電気料金が安くなることが、新電力に切り替えるメリットの一つです。ですが、すべての会社の電気料金が安くなるとは限りません。自分の会社が新電力を導入して安くなるかは気になるところではないでしょうか。

電気料金が安くなる可能性のある会社

単純に消費電力が多い会社は、電気料金を安くできる可能性があります。営業時間が長く、お客様に快適な環境を提供するために、消費電力の多いエアコンなどの空調設備を使用している会社などです。

電気料金が高いほど割引率が高くなるプランを提供している新電力に切り替えると、かなり安くなる可能性がありますので、シミュレーションしてみましょう。具体的にどんな業種が安くなるのか、例を挙げていきます。

1)飲食店
全国にチェーン店を持つ飲食店などは、厨房内に大型の冷蔵庫、製氷機、照明、エアコンなどの空調設備を持ち、さらに営業時間が24時間や深夜までの店舗だと、1店舗当たり10万円以上の電気代になることもあり、かなりの経緯がかかります。

2)製造業
製造業は、事務所のほか工場を持つ会社が多いと思います。工場は面積が多いため、照明や機械の使用、場合によっては空調で電気代もばかになりません。工場を複数所有している場合などは、1000万円の削減に成功することもありますので、かなりの削減になります。

3)宿泊業
ホテルや旅館などの宿泊業も、規模が大きいほど電気代も比例して多くなります。館内の空調は快適に保つ必要があり、廊下の電気も常時点灯させておくことが多いです。客室内で使われる暖房・冷房の消費量、宴会や飲食なども電力の使用量を上げている要因です。そのため、電気料金の大幅な削減が期待でき、特にチェーン経営のホテルだと高い効果が得られるでしょう。

4)その他の業種 その他の業種で電気の削減効果があるものは、リサイクル工場・素材メーカー・総合病院・クリニック・ゴルフ場・パチンコ店・砂利処理工場・ボーリング場・専門学校・オフィスビル・スーパーマーケット・結婚式場・運動公園・体育館などが挙げられます。

2.電気料金が変わらない可能性のある会社

事務所が1箇所だけで、従業員の数が少なく、残業や休日出勤が少ない会社は新電力へ切り替えても、あまり安くならない可能性があります。会社や業種によっても異なりますが、低圧電力の会社は削減効果が低くなることがあります。